交通事故の損傷 背部の痛み

衝突した、追突された、いづれも損傷は大きくなります

スポーツ以上に大きな外力がかかり、しかも 

ハンドルを握ってる手を介して

ペダルを踏んでる足を介して

恐怖やショックにっよる緊張と

衝撃による反射による 緊張

これだけのものを 体は 受け止めていること

これが X線だけでは、わからない軟部組織の損傷になります

これを むち打ち症 や頚椎捻挫 ・ 外傷性頚椎症 などなど

名称をつけますが

関節各部にまで影響して、大変な損傷であります

私たちも全力で施術しますが

それだけ痛めていることを、周囲もわかってほしいものです