交通事故による治療

 1、事故時に自分の身体の状態、相手がいる場合は相手の状態をにて救急車の必要に有無

2、警察への連絡、事故の状態の把握は位置関係を把握できる様に写真を撮る、クルマの破損状態も必要。現場が交通の妨げにならない様に移動可能であれば行う

3、自分の身体の状態は、何もないように感じるかもしれませんが、事故後は興奮状態で、痛みが出ないケースが見られます。当院では、深部腱反射びチェック、神経の圧迫の検査、筋力の検査、関節の可動域の検査を行い。提携の整体外科にご紹介いたします。X線による診断をしていただき、病院との連携にて施術を進めてまいります

交通事故の損傷は1週間から10日間で症状がほとんど出ます。そこでどのくらいの損傷だったのかがわかります