コンテンツ

産前産後の骨盤矯正

case6

 

  • 産前産後の骨盤調整
  • 30代女性、専業主婦
  • 妊娠中から常に腰が痛く、出産後もケアで通っていた。

理想的な施術回数

骨盤矯正ですが、内容は仙腸関節の角度や位置を正常な範囲に戻す事ですが、腰椎や股関節や膝や足関節のアライメントをチェックしてから、どの動きが悪いのか?姿勢が悪いのか?を見つけ出し根本的に改善させる事が必要です。

産前産後すぐの骨盤調整に関しては、神経伝達調整をソフトな施術で行います。

安全で痛くもないので妊婦の方にもオススメです

回数は程度にもよりますが、1週間に1回から3回行います。

施術方針・内容

妊娠中から痛みがあると言う事は、以前に痛くなった事があるか、体重の増加に伴って負荷がかかると痛みがでた事は、脊柱に頼り過ぎる姿勢を普段からしていた為に、脊柱や骨盤に負荷がかかりすぎて痛みが出た事になり姿勢改善は必須です。

施術して痛みが軽減している間にやらなければいけないことが姿勢の改善と体の使い方を指導いたします

施術後の経過や状況

晒による腹帯の装着の方法と日常の姿勢や深層筋力を向上する指導を行います

その後は月1回のメンテナンス