コンテンツ

長年蓄積された体の疲労感

case3

 

  • 長年蓄積された体の疲労感
  • 50代男性、会社員
  • 20年以上必死に働いてきて、最近は疲労が抜けにくくなってきた

理想的な施術回数

道具で言うと手入れをしないで使い続けてきた状態に当たります。自己回復機能を働かせるためには自律神経の働きを活発にさせる必要があります。

神経伝達調整という施術を当院ではやっております

内容は硬膜の調節として筋膜や横隔膜などあらゆる膜の調節を行います。
次に、血流の改善を促します、体循環を調整いたします。

神経伝達調整の施術は週1回ほど行い月に4回ほど行い全体的な流れを調整し、

調整の間に出てくる部分的な痛み不具合に関しては部分的に関節の可動障害を調整していく形になります

施術方針・内容

子供から妊婦さん大人の方まであらゆることへの対応が可能になっております
基本的に施術は痛みを感じることなく行います

施術後の経過や状況

施術してから、徐々に症状が軽減し不具合が良くなって来ます。
交通事故による痛みがひどかったり緊張が取れない方にも楽になりましたとお声をいただいております