患者様の声

自動車の事故によるケガ

case1

 

  • 自動車の事故によるケガ
  • 30代男性、会社員
  • 首、肩、腕が痛い

理想的な施術回数

交通事故で、首・肩・腕の痛みを訴えておりますので、外傷性頸椎捻挫となります。

肩の関節や腕にも負担があり、捻挫や挫傷など軟部組織が損傷した状態と考えられます。

運転手の場合は、ハンドルを握っている為、関節への衝激と左右の力の不均等により捻ることが多く、衝撃は 指、手、肘、肩、胸鎖関節、肩鎖関節と脊柱へまで影響します。

このケースでは、下半身の方へは影響しておりませんが、足でブレーキ、ペダルをとっさに力を入れ踏んだり、左右の足の位置の差により踏ん張った時に捻ることがあり 足、膝、股関節を捻挫するケースが多いです。

事故で損傷が大きいために施術のペースは基本的には週に4から6回です。

施術方針・内容

施術は、3から4ヶ月で日常生活と仕事と運動が出来る状態に導く設定です

来院いただいた時に、深部腱反射、各種テストと関節可動域のチェックを行い、損傷の度合いをみます。

負傷日から1週間は、事故により頚部周囲と背中の疼痛と緊張が大であり、疼痛と緊張を軽減する目的での施術と物理療法を合わせて行い、必要に応じて安静固定(キネシオ、テーピング、包帯、副子固定、ギプス)を行い腫脹の軽減をします。

次は、患部の軟部組織の修復を目的とした物理療法と手技による施術を行います。
週に1回は関節稼動のチェックをしますので、本人も現状の把握がしやすいと思います。
同時に深層筋力を使い身体の支え方、日常での使い方を指導します。

施術後の経過や状況

仕事やスポーツなどに使い方のレクチャーと深層筋力UPとフォーム指導を行います

経過は受傷前よりも姿勢が良くなり背も伸びた様です。仕事でも疲れなくなったとの話をいただいてます。

 

同じ姿勢での労働が原因の体の痛み

case2

 

  • 同じ姿勢での労働が原因の体の痛み
  • 20代女性、会社員
  • 毎日7時間以上デスクワークをしており、腰や首、頭が痛い

理想的な施術回数

首から肩や背部、腰部にかけての痛みや緊張がある方

デスクワークでの姿勢が悪いのですが、イメージとしては書道をデスクでやる場合は、バランスチェアの様に大腿部(太もも)が傾斜する様にして、足を後方にスライドさせて、膝頭より前に足の指先が出ない様にする。これで座位でのヒップアップを作ります。これが良い姿勢です。

さてこの姿勢から、PCや書き物をする時に、前に行かなければなりませんが、注意点は頭や手から前に出しては、形が崩れてしまい悪い姿勢になります。
お腹から前に出る感じになります。股関節から曲がる感じです。茶道で前にかがむ時などの作法と同じになります。これが深層筋力を使った動きになります。

頭痛がある方

特に頚部周囲の緊張が高いために起こる頭皮神経の異常緊張によるものが多いですが、痛みが強い場合は頭の内部の原因が心配になります、CTやMRIなど精査を病院にて受けていただき異常がないか確認してからになります

施術方針・内容

必要なのは首、背骨、腰の位置の改善。状況によりますが、歪みの補正を主に手技により施術を行います。
身体の土台からの施術になります。

まず本人に理解していただきたいのは、自分自信の姿勢や使い方により作ったんだと認識します。
だから、姿勢や使い方を変えるんだと思えるかが大事です。

患者さんが起こすのに邪魔になる痛みや硬さを施術で、取り除きます。
デスクワークのフォームが出来るようにします。
そこから、使い方など身のこなし方を身体で覚えていただきます。

施術後の経過や状況

施術を受けた後から既に姿勢指導しますので、如何に、関節に負担をかけずに使えるかを指導し身体にすりこみます。

例えば、

  • デスクワークの指の使い方
  • 運転時のポジションの指導
  • 歩行
  • 物を取る、動かす

などです。

その狙いは、姿勢改善をすることで得られるもので

  • 関節の動きの良さの体感
  • 痛みを起こさせるリスクが激減
  • 深呼吸

が出来るようになります。

また、骨盤内の圧迫が減りますので

  • 気持ち良い朝をむかえられる
  • 疲れにくい
  • 集中力の向上

など副産物がいっぱいあります。

長年蓄積された体の疲労感

case3

 

  • 長年蓄積された体の疲労感
  • 50代男性、会社員
  • 20年以上必死に働いてきて、最近は疲労が抜けにくくなってきた

理想的な施術回数

道具で言うと手入れをしないで使い続けてきた状態に当たります。自己回復機能を働かせるためには自律神経の働きを活発にさせる必要があります。

神経伝達調整という施術を当院ではやっております

内容は硬膜の調節として筋膜や横隔膜などあらゆる膜の調節を行います。
次に、血流の改善を促します、体循環を調整いたします。

神経伝達調整の施術は週1回ほど行い月に4回ほど行い全体的な流れを調整し、

調整の間に出てくる部分的な痛み不具合に関しては部分的に関節の可動障害を調整していく形になります

施術方針・内容

子供から妊婦さん大人の方まであらゆることへの対応が可能になっております
基本的に施術は痛みを感じることなく行います

施術後の経過や状況

施術してから、徐々に症状が軽減し不具合が良くなって来ます。
交通事故による痛みがひどかったり緊張が取れない方にも楽になりましたとお声をいただいております

毎日の家事で慢性的な体の痛み

case4

 

  • 毎日の家事で慢性的な体の痛み
  • 40代女性、専業主婦
  • 冷え、体のだるさ、肩こり、目の痛みや不眠など、体中の不調が出てきた

理想的な施術回数

症状を読取ると、代謝不良が起こっているのと、神経の緊張が強く自律神経の交感神経が優位になっていると予想します

施術方針・内容

頚部から背部の緊張を起こしている原因を見つけ出し
関節の可動障害部位があれば施術を行い歪みがあれば矯正を行います。

施術後の経過や状況

程度にもよりますが1回から3回で緩みが出ますので、大体は不眠は解消されます。

寝れると身体は変わります

中学校の部活で腰を痛めた

case5

 

  • 中学校の部活で腰を痛めた
  • 10代、男子中学生
  • サッカー部の練習時に、接触で腰を痛めてしまった

理想的な施術回数

コンタクトスポーツでは力のぶつかり合いにより、損傷しますが、単なる腰部の捻挫では損傷部位が明確ではないです、腰椎の椎間関節や股関節や仙腸関節などの関節の機能障害だけでなく周辺の軟部組織の炎症も考えられる。

神経伝達、感覚、反射、筋力テストなど損傷箇所を見つけ出します。

程度を判定して安静期間を話していきキネシオテープや各種固定がありますので安静を行い、スポーツに耐えうる使い方と筋力とテープによるサポートも行います

施術方針・内容

上記にも書きましたが、安静期間は腫脹が有り必要がある日数です程度によります
安静期間が取れなくても負傷部位への負担を軽くする為にキネシオテープや固定により患部の安静

施術後の経過や状況

怪我がつきものと言いますが、自分のフィールドを把握する訓練が必要で、目の前のことにとらわれすぎでしょう周辺視野を使える様に姿勢指導を行います

産前産後の骨盤矯正

case6

 

  • 産前産後の骨盤調整
  • 30代女性、専業主婦
  • 妊娠中から常に腰が痛く、出産後もケアで通っていた。

理想的な施術回数

骨盤矯正ですが、内容は仙腸関節の角度や位置を正常な範囲に戻す事ですが、腰椎や股関節や膝や足関節のアライメントをチェックしてから、どの動きが悪いのか?姿勢が悪いのか?を見つけ出し根本的に改善させる事が必要です。

産前産後すぐの骨盤調整に関しては、神経伝達調整をソフトな施術で行います。

安全で痛くもないので妊婦の方にもオススメです

回数は程度にもよりますが、1週間に1回から3回行います。

施術方針・内容

妊娠中から痛みがあると言う事は、以前に痛くなった事があるか、体重の増加に伴って負荷がかかると痛みがでた事は、脊柱に頼り過ぎる姿勢を普段からしていた為に、脊柱や骨盤に負荷がかかりすぎて痛みが出た事になり姿勢改善は必須です。

施術して痛みが軽減している間にやらなければいけないことが姿勢の改善と体の使い方を指導いたします

施術後の経過や状況

晒による腹帯の装着の方法と日常の姿勢や深層筋力を向上する指導を行います

その後は月1回のメンテナンス