院長挨拶

院長挨拶

当院では、患者様に最良の質とサービスをモットーに日々精進しております。
その為、平日でもセミナー・勉強会等で休診する場合がありますので、初診の方は、お越しいただく前にお電話でのお問い合わせをお願いします。

佐々木接骨院は、生涯現役で仕事や遊びができて、更に日常を楽しめる身体つくりを目的とし、最短期間で最良の施術を提供いたします。

 

 

 

 

 

施術理念

痛みが出たものには、理由がある。

『痛み』は、からだの防御反応です。
その部分に異常がある場合、また筋力のバランスの崩れによる影響、骨のずれにより生じる痛みなど様々です。
原因がわからないが痛みがでてきたもの、日常の中に、姿勢が悪かったりよくない使い方が隠れてます。

来院していただいて、問診と視診を行い、触診を行うことにより、体の使われ方が解ります。
そこから、痛めた原因が導きだされ、施術の方針がきまります。

日常の動作、姿勢、スポーツするときのフォーム、仕事の時の姿勢の指導改善を行い、傷める前よりも丈夫な体(ケガをしない体作り)を作ることが可能です。
腰、首、膝、背中,etc…痛いところがありましたら、一度来院してみて下さい。
なぜかがわかります。

痛みの場所

痛い場所には炎症があることで、何が起因したかが問題です。

  • 炎症部分が痛い(限局した痛み)=>痛みのある場所に問題あり。
  • 痛みが広範囲であるもの
    1.実際に何箇所も炎症がある。
    2.神経走行沿いに何か炎症の起こる原因がある。
    3.他の部分をかばうことによって起こる。
  • その他にも、心因的なものもあります。

これで患者さんの生活環境にイメージがわき、痛めた過程が理解でき、本当に治す為の環境を作ります。

治す為に大事な事

  1. 「病は気から」と言われる通りで自分で治すという意思が大事。
  2. 最短で治す為に、日常生活や姿勢の改善が必要。
  3. 痛めた理由や怪我の状態を十分理解してること、わからないときは遠慮しないで質問願います。
  4. 施術を受ける側と施術する側のお互いの協力により一緒に治す。

一人ひとりにあった施術を行い、患者に快適な生活を提供する

現代画報

『痛みを治したい』という気持ちが大事。
その思いに応えられるよう努めています。

現代画報さんの『地域医療に貢献する Dr.訪問』に掲載していただいたときの記事をご紹介します。

手技をメインに、理学療法などを加えた施術を手掛ける『佐々木接骨院』。さらに耳ツボ健康ダイエットにも力を入れている。患者とのコミュニケーションを大切にした、アットホームな雰囲気が好評だ。「患者さんのことを考えた施術を心掛けています」と語る佐々木院長にお話を伺った。

下記アドレスのホームページで全文をご覧いただけます。
http://www.kokusaig.co.jp/0611/gg_sasaki/