コンテンツ

産前産後の体のケアについて

いつごろから通っていいか

痛みがある場合、退院してからなら大丈夫です。

どのような痛みの方に対応できるか

仰向け時や立位や座位時に痛い。

どのような施術をするか

産後1ヶ月間は、神経伝達調整施術か関節運動学的アプローチを手技にて行います。

 

骨盤矯正の意味

妊娠中に母体で赤ちゃんを支えることが必要になりますが、何かトラブルがあると理想的な傾斜角度ができません。

その原因が骨盤の関節や腰部や股関節にあったりします。

例として、骨盤にある場合ですが足の長さ下肢長差による不釣り合い

つまずきやすかったり、すぐ転んでしまったり、お腹の調子が悪かったり、腰が重い、痛み、疲れやすい、

生理痛がひどかったり、足が冷えやすかったり、様々な症状が出ます。

痛めてる場所を明確にしていき、なぜ今の状態ができ上がったかを説明します。

そこから身体を支える為に、当院の施術の手法をお話していきます。

ご本人にも協力してもらいたい日常の身体の使い方のコツを実践していただきます。

施術の方は、個人個人に合ったものを施します。

当院と一緒に日常の痛みを取り除く、そして、痛くならない使い方を実践することで目標達成出来るでしょう。
 
原因は以下が考えられます。 
 
1、産前産後や、以前に怪我をしてしまった足であったり、膝であったり、股関節であったり、足の指であったり、腰を痛めた、尻餅をついたなど原因がはっきりしているもの。
 
2、同じ姿勢が長く強いられる仕事、運転や趣味や遊びだったり、猫背や中腰が多いといつの間にか負担がかかります。
 
3、子宮や泌尿器科系統に問題がある場合など。
 

骨盤矯正のメリット

生理痛の軽減しやすい
ウェストのサイズが改善しやすい
身長が伸びやすい
胃腸の働きも良くなりやすい
呼吸がしやすい(肺活量が上がりやすい)
集中力が上がりやすい
etc
 
骨盤矯正について
 
骨盤矯正に関して