交通事故やスポーツのケガと故障

 事故やケガの場合は外力の強さにより損傷の具合が変わりますが、 自分の身体を支えなければいけないので、 深層筋(インナーマッスル)自体を利用する姿勢が必須です、その為のサポートとして施術を行い姿勢を作りやすくしていきます。これが出来ると身体が楽になり、施術がどんどん進んでいきます。

故障ですが、スポーツをしていていつの間にか痛みがでた、普通に動いているだけで 痛くなった。これは、負担が一箇所にかかり関節や軟部組織が壊れた状態です。原因は、繰り返しの動きに耐えれないフォームと、重心が不安定であると予想出来ます。練習の時に脳でのイメージが自分のフォームと合致しているかどうかが問題になります

ビデオや鏡で自分のフォームをチェックして脳のイメージと動作との誤差を少なくしていきましょう