むち打ち (交通事故の治療)

事故の衝撃は、思った以上に、身体への負担が大きいです。

むち打ち は状態で言えば 骨 と 骨 の間(椎間関節) での運動器の損傷であること

捻挫の状態ですので、腫脹を起こした状態であり 動きの制限や痛みをともないます

周囲の軟部組織も痛んでいますが、椎間関節 や 周囲の軟部組織 の腫脹をいかに早く軽減させるかが大事

全体の流れ

痛みをとる(腫脹を軽減)→ 再生(周囲の軟部組織、椎間関節の可動) → リハビリ (日常生活動作)

深層筋力(インナーマッスル)強化するのと、効率の良いからだの使い方を状態に合わせて行っております